HOME 事業概要 リンク 各種データ
こども発達センター 障害者総合支援センター
職員募集 ボランティア募集 各駅停車 QA 周辺マップ
こども発達センターTOP
施設概要
なのはな
たんぽぽ
ひまわり
あおぞら
栄養相談
地域療育室
のぞみ診療所
→ 診療部門紹介
→ 個別療法紹介
   
定員 豊田市周辺地域の子どもたちをはじめ、センターに通園中の子どもたちを含めて、年間880名ほどの新しい子どもたちが診療所を訪れます。それぞれの子どもに合わせて、下記の各専門医が協力しながら医療的な支援を行っています。
 
児童精神科
詳細
子どもを専門とする精神科の医師が担当しています。
ことばの発達がゆっくり、ひとりで遊ぶことが多い、集中時間が短いといった子どもたちへの対応について相談にのっています。

受 付


児童精神科診察室


小児神経科室


歯科診察室
   

小児神経科
詳細

小児科の中でも神経を専門とする医師が担当しています。
てんかんや脳性麻痺など神経の疾患をはじめとして、身体全体の発達の診療をしています。
   
小児整形外科

骨や筋肉など、身体を動かす機能に遅れがある子どもたちを対象に、発達を評価したり、装具やギプスを用いた治療を行っています。
   
耳鼻咽喉科


●診察日 毎週木曜日午前
主に耳の聞こえに遅れや、その疑いがある子どもを対象に、検査や相談を行っています。
   
泌尿器科

●診察日 第1月曜日午後
主におしっこがでにくい子どもを対象に、診断や導尿などの相談を行っています。
   
小児歯科

子どもや障がい児を専門とする歯科医師が担当しています。
通常の歯科治療だけでなく、予防のために歯科衛生士が歯磨き支援を行っています。
   
看護

診察の補助や、小児および成人施設の健康管理などを行っています。
   
薬局


のぞみ診療所で診察を受け、薬を使う必要があるお子さんに薬をお渡ししています。
   
臨床検査
診断や治療に必要な脳波検査などの各種検査を行っています。
   
レントゲン検査
胸腹部および骨の状態や形態をみるために、レントゲン写真の撮影を行っています。
   
受付
診療所で最初に皆さんと接するところです。診療の受付・会計やスタッフへの連絡などを行っています。
訓練部 お子さんの発達に合わせて個別の支援を行っています。

理学療法
自動精神科
運動機能が気になるお子さんや、運動発達がゆっくりなお子さんへ、姿勢や移動に対する支援を行っています。
感覚統合療法室

心理療法室
   
作業療法
自動精神科
発達がゆっくりなお子さんに対して、遊びを通して身の回りのこと(食事や着替えなど)や周囲(人や物)と楽しく関わる方法を支援していきます。
   
言語聴覚療法
自動精神科

ことばの遅れがあるお子さんに対しておもちゃ等を使いながらことばの発達ややりとりを促しています。
   
臨床心理
自動精神科

お子さんの発達に合わせた支援ができるよう、発達検査、知能検査などを行っています。また、カウンセリングや遊びを通して自己表現を促していく遊戯療法も行っています。
 
 
やじるし このページのTOP